WordPress 5.3 からのメディアライブラリにおける大画像の問題について

はじめに

WordPress 5.3 から、メディアアップロード時に大画像を検知して、スケーリングする機能が追加されました。デフォルトでは 2560px 以上の画像で動作します。この事が、大画像を扱う方達の間で問題を引き起こしています。

オリジナル画像は?

大画像をアップロードすると以下のように、元ファイルに「-scaled」と付加されたファイルがメディアライブラリの画像になります。スケーリングされた画像であり元の画像ではありません。

サーバーを見てみると、元の画像は存在しますが、管理画面からは見れません。

どのように管理されているかデータベースを調べてみると、メタデータの中に original_image というメタデータがありそこにファイル名が記されていました。

この動作を抑制するには?

以下のフィルターを使用して抑制するとスケーリングしなくなります。

add_filter( 'big_image_size_threshold', '__return_zero', 10, 2 );

また私の作成したプラグイン Disable Generate Thumbnails では、設定メニューから ON・OFF できます。

オリジナル画像の URL は?

メディアライブラリのファイル名から「-scaled」をとったものです。

URL は、以下の関数で取得できます。

フルパスは、以下の関数で取得できます。

また私の作成したプラグイン Media Metadata List からオリジナル画像の URL とサイズを知る事ができます。

その他

私の作成したプラグイン Media from FTP でスケーリングされた画像を再検索してしまう問題を、Version 11.03 で修正しました。

この記事を書いた人