無料でソフトウェアをつくるという事

はじめに

WordPress公式プラグインを作成し始めてから6年、いつの間にか多数のプラグインを作成しました。それに機能を付与するアドオンの販売状況と、無料でプラグインを作成する意味を考えてみました。

2012年~2013年

  • Perl で作成したプログラムを PHP に移植、それをプラグイン化した。
  • 純粋に職場のサイト更新の手間を省くためのものでした。

2013年~2016年

  • 必要があって、いろいろ作成していく。
  • プラグイン Media from FTP がヒットし、世界中で使われるようになる。
  • サポートフォーラムで様々な要望に応える。
  • ますますヒットする。
  • 無料で作り続けるのが馬鹿馬鹿しくなる。

2016年~2018年

  • プラグインのアドオンやテーマを個人で販売している人が存在するのを知る。
  • WordCamp で情報収集しプラグインのアドオン販売を考える。
  • プラグインのアドオン販売開始。
  • 初期の頃は、売り切り60ドルで販売。少し売れる。
  • 周囲から安いのではと言われ、120ドルにしたら売れなくなる。
  • 売り切り100ドルにし、サブスクリプション年額60ドルも開始。
  • サブスクリプションが売れないのとサブスクリプションソフトウェアの有償化でサブスクリプションを辞める。
  • 初期の値段60ドルの売り切りに戻す。売れ行きが戻る。
  • Webサービスボールルームダンス競技会採点システムを開始。

現在

雑感

まず最初に思うのは、ソフトウェアの為のソフトウェア(この記事ではアドオン)よりも、サービス(この記事ではWebサービス)の方が報酬になるという事です。

それを理解した時から、無料で公式プラグインを作成する事が苦で無くなり、むしろ積極的に行うようになりました。自分のプラグインだけでは無く、人の作成したプラグインの力も借りて、Webサービス競技会採点システムで報酬を得たからです。

世の中ではソフトウェアの為のソフトウェアを買う人よりもサービスを買う人の方が多いのではないかと思います。それならば、皆で無償で知恵を出し合いソフトウェア(この記事ではWordPress)をより良いものにしてどのようなサービスにでも変幻自在に対応できるようにすべきだというのが今の心境です。

それがいつか報酬となって返ってくるはずだと思います。

この記事を書いた人