WordCamp Haneda 2019 - 4月20日(土)、4月21日(日) 大田区産業プラザPiOにて開催

ボールルームダンス競技会採点システムのWebサービスを開始しました

はじめに

社交ダンスの競技会では、審判が紙に審査を書いてそれを PC に入力して集計しています。最近になって、LAN を利用してタブレットで審査をするシステムが出てきています。WordPress の管理画面を利用してできるのではないかとアイデアが閃き、独自にプラグインとして2018年8月中旬から作成し始め、2018年11月13日からサービスを開始しました。社交ダンス以外の競技会でも使用できるように作ってあります。

サービス概要

WordPress の管理画面を利用しています。ブラウザーを使用するので、マルチプラットフォームです。データ作成は簡単にできます。Excel で作成して、CSVとしてインポートする形式です。インターネット接続のある場所でしか使用できません。2ヵ国語対応です。詳細は、以下のリンクからご覧ください。

苦労した事

スケーティングシステムという決勝での判定方法が難解で、テストと修正で1ヵ月かかりました。スケーティングシステムは以下を参考にしました。


DanceSport 競技会 スケーティングシステム 解説書

決勝でのユーザーインターフェースは、Twitter で、bouya Imamura @s56bouya さんに紹介していただきました。ありがとうございました。

1人のユーザー(オペレーター)が、複数のユーザー(審査員)のログイン情報を管理するというところが、意外に苦労しました。需要があれば、プラグインにしようと思っています。

決済は、Stripe を自装しました。画面遷移無しにするのが少し苦労しました。

利用規約は、自分では無理だと思ったので、ネット上で行政書士に依頼しました。

英文は、Gengo に依頼しました。

本業とコーディングと1日3時間睡眠で、2度ほど倒れました。

使用プラグイン

セキュリティ対策として、以下の2つを入れました。Loginizer は一般的なセキュリティ対策、Ban Double Login は、審査員の重複ログインを防ぐために入れました。

2ヵ国語対応のために、自分のプラグイン Locale Auto Switch を入れました。