WordCamp Haneda 2019 - 4月20日(土)、4月21日(日) 大田区産業プラザPiOにて開催

プラグイン・テーマ、多国語化の為の PTE リクエスト

はじめに

Capital P さんの記事を読みました。その補足事項として、自分のプラグインやテーマを他国語に訳してくれる人がいて未承認だった場合に、どのようにすれば良いのか書かせていただきます。

プラグインの翻訳状況を見る

  • 自分のプラグインページに行き、「翻訳の改善にご協力ください。」をクリックします。
  • Stable という所が、現時点での翻訳です。Waiting という所が未承認の翻訳です。以下だと Chinese に、27の Waiting があります。27カ所翻訳しているが未承認という事です。今回は、以前承認を受けた Italian を例に進めます。
  • Italian をクリックすると以下の画面になります。Editor というのは、PTE 権限を持った編集者という事です。以前は、持っていませんでしたが、これから述べる手順で PTE 権限を持ちました。WordPress.org のアカウントをクリックしてみます。
  • 赤印で示した所が、実際のアカウントです。これを後ほど入力します。

PTE リクエスト

  • PolyGlotsのページに行って、Requests をクリックします。
  • リクエストページで、自分がプラグインの作者であることを記し、プラグイン名、プラグインのURLを記し、以下の人に言語の編集者権限を追加してくださいと書きます。Post Type で、Editor Request を選択し、権限を追加したい人の国のロケールを、#から書き込みます。自動的にプルダウンが出てきて選べます。
  • 権限を追加したい人の、WordPress.org のアカウントを@から書き込みます。自動的にプルダウンが出てきて選べます。POST して、終了です。

結果

  • 以下は、実際のやりとりです。

SNS

  • 承認状況を Polyglots に、度々見に行くのは面倒なので、Twitter をフォローしておくと便利です。