WordPress ローカルネットワークでの開発環境構築 ~ Ubuntu 20.04.1

Samba

Windows のファイルサーバーとなる Samba をインストールすると、Windows から Ubuntu 内のフォルダやファイルを Windows のファイルの様に GUI で操作できるので楽です。

インストール

sudo apt install samba

設定

sudo nano /etc/samba/smb.conf
[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932 /* 日本語 Windows の文字コード */
wide links = yes
unix extensions = no
hosts allow = 192.168.179.0/255.255.255.0 /* 許可するネットワーク */

[homes]
   comment = Home Directories
   browseable = yes

read only = no
create mask = 0644
directory mask = 0755
valid users = katsushi /* 許可するユーザー */
  • ユーザー登録
    • Ubuntu のユーザー katsuhi と同じユーザ名・パスワードを指定します。
sudo smbpasswd -a katsushi
  • テスト
testparm /* パラメータ確認 */
sudo smbstatus /* 接続状況確認 */
  • 再起動
sudo service smbd restart
sudo service nmbd restart

サーバーへの不要な通信を防ぐために、Firewalled をインストールします。

sudo apt install firewalld

Smaba 用のポート番号を解放し、設定を反映させます。

sudo firewall-cmd --permanent --add-port=445/tcp
sudo firewall-cmd --reload /* 反映 */
sudo firewall-cmd --list-ports /* 確認 */

Windows からエクスプローラーで、\192.168.179.2\katsushi にアクセスし、ユーザー名とパスワードを記憶させます。必要ならば、ネットワークドライブに割り当てます。

1 2 3 4 5 6 7 8


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください