WordPress ローカルネットワークでの開発環境構築 ~ Ubuntu 20.04.1

WordPress

WordPress のインストール

方法1:phpmyadmin によるデータベース作成からインストール

  • phpmyadminで新規データベースを作成します。
  • 文字コードは、utf8mb4_general_ci を指定します。
  • WordPress をダウンロードし、展開後にダウンロードしたファイルを削除します。
cd www/riverforest.test /* Apache2 で指定したディレクトリ */
wget http://wordpress.org/latest.tar.gz
tar xzf latest.tar.gz
rm -f latest.tar.gz
  • 上記の場合、https://riverforest.test/wordpress/ にアクセスするとインストールが始まります。 

方法2:WP-CLI によるデータベース作成からインストール

cd www/riverforest.test /* Apache2 で指定したディレクトリ */
mkdir wordpress
cd wordpress
wp core download --locale=ja
wp config create --dbname=データベース名 --dbuser=admin --dbpass=パスワード
wp db create
wp core install --url="https://riverforest.test/wordpress" --title="サイト名" --admin_user="管理ユーザー名" --admin_email="管理者メールアドレス" --admin_password="管理者パスワード"
  • 上記の場合、https://riverforest.test/wordpress/wp-login.php にアクセスすると管理者ログイン画面になります。

その他のツールのインストール

WP-CLI のインストール

ダウンロード

curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

動作確認

php wp-cli.phar --info

インストール

chmod +x wp-cli.phar
mkdir bin
mv wp-cli.phar bin/wp

bin ディレクトリにパスを通す

nano .profile
# set PATH so it includes user's private bin if it exists
if [ -d "$HOME/bin" ] ; then
    PATH="$HOME/bin:$PATH"
fi

確認

wp --info

アップデート

wp cli update

Composer の管理者権限でのインストール

  • インストールの前に必要なものをインストール
sudo apt install curl php-cli php-mbstring git unzip
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '55ce33d7678c5a611085589f1f3ddf8b3c52d662cd01d4ba75c0ee0459970c2200a51f492d557530c71c15d8dba01eae') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"
  • ディレクトリを移動し実行権限を付与
sudo mv composer.phar /usr/bin/composer
sudo chmod +x /usr/bin/composer

PHP Code Sniffer のインストール(Composer)

ローカルの ~./composer ディレクトリにインストールするとします。

  • PHP Code Sniffer をローカルインストール。
cd composer
composer require squizlabs/php_codesniffer
  • WordPress コーディング規約をローカルインストール。
composer config allow-plugins.dealerdirect/phpcodesniffer-composer-installer true
composer require --dev wp-coding-standards/wpcs:"^3.0"
  • 動作確認をしたら、パスを通す。
vendor/bin/phpcs/phpcs -i /* 確認 */
  • 使用方法
phpcs -n --standard=WordPress ファイル名 /* チェック */
phpcbf -n --standard=WordPress ファイル名 /* 整形 */

※ -n オプションを付与しないと、スペースの細かい位置とか、$wpdb は使うなとか、些細な事をチェックされるので、必ず付与しています。

Node.js npm のインストール

sudo apt update
sudo apt install nodejs npm
sudo npm -g install n
sudo n stable
sudo apt purge nodejs npm
sudo apt autoremove
/* シェル再起動の後に確認 */
node --version
npm --version

Ubuntu のアップグレード

update-manager-core をインストール

sudo apt install update-manager-core

フルアップグレード

sudo apt full-upgrade

不要なパッケージの削除

sudo apt autoremove

1回目のアップグレード

sudo do-release-upgrade

再起動

sudo shutdown -r

2回目のアップグレード

sudo do-release-upgrade -d

再起動

sudo shutdown -r

バージョン確認

lsb_release -a

終わりに

以前、Raspberry Pi 3 で構築していた事があったのですが、遅く、すぐにダウンし、ストレージの SD カードがすぐに壊れていました。今回は、そのような事は無く、快適に使用しています。

1 2 3 4 5 6 7 8


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください